イージーアップテントのステップワン

BLOG

ブログ

テント情報

運動会用テントの種類とは?名称とメリットデメリットまとめ

運動会で使うテントにはどんな種類があるのか知りたい!

それぞれの名称や、おすすめテントも気になる!

こんな方に向けて、運動会用テントの種類をご紹介します。

この記事は、千葉県船橋市のテント専門会社、(株)ステップワンが執筆しています。

テントの販売、装飾、修理、メンテナンス、パーツ販売など、テントに関するさまざまなことを承っております。


運動会用テントの種類とは?それぞれの名称やメリットデメリット

運動会用テントの種類とは?それぞれの名称やメリットデメリット

運動会の際に学校側で用意するテントは、パイプ組み立て式の集会用テントか、左右に広げるだけで組み立てられるワンタッチテントであることが多いです。

各テントの特徴と、メリット・デメリットについて解説します。



①パイプ組み立て式の集会用テント(パイプテント)のメリット・デメリット

パイプ組み立て式の集会用テント(パイプテント)のメリット・デメリット

パイプテントとは、昔から長年使用されている白い三角屋根のテントです。

運動会で使用されるテントとして、真っ先に思い浮かぶのがこちらのテントかもしれませんね。

【メリット】

パイプが頑丈で重量があるので、テントの安定感が◎

天幕も厚く、生地がしっかりとしています。

頑丈なつくりなので、屋外で長時間使用する際に便利です。

【デメリット】

パイプや天幕など各パーツが大きく重量感があるため、

少人数での設置・運搬に適しておらず、保管場所も選びます。

似たパーツが多いので、組み立てには時間と経験が必要です。

また、プリントを施すのが難しいため、

イメージ通りのテントに仕上がらないこともあります。



②ワンタッチテントのメリット・デメリット

ワンタッチテントのメリット・デメリット

ワンタッチテントとは、パーツの組み立てを必要とせず、簡単に設置・収納することのできるテントです。

近ごろ導入される方が増えています。

【メリット】

部品同士がつながっているので、脚を広げるだけで簡単に設置可能、収納もラクラクです。

総重量は20kg前後と軽く、運搬から設置まで大人ふたりで行うことができます。

サイズやカラーのバリエーションが豊富なので、用途に合うテントを選べるのもポイント。

適切なメンテナンスを行い保管することで、長く使用できます。

【デメリット】

比較的軽量なので、パイプテントに比べて安定感に劣り、常設での使用はできません。

風の強い日などは、ロープをペグで地面に固定するなどの工夫が必要です。

また、その利便性から価格が高めに設定されています。



ワンタッチテントなら、イージーアップテントがおすすめです

ワンタッチテントなら、イージーアップテントがおすすめです

運動会用のテントとして特におすすめしたいのが、イージーアップテントです。

イージーアップテントは、世界中で愛用されているワンタッチテントのNO.1ブランド。

大人ふたりで1〜2分と簡単に設営・収納できるだけでなく、

天幕をつけたまま開閉できる設計が施されています。

防水性・防炎性にも優れているので、多くの人が集う運動会でも安心・安全です。

また、フレームはアルミ製・スチール(鉄)製の2種類が用意されており、

使用用途や設置場所によって選ぶことができます。

弊社の製作事例



運動会用テントの種類とそれぞれの名称まとめ

運動会用テントの種類とそれぞれの名称まとめ

今回は、運動会で使用される代表的なテントをご紹介しました。

それぞれのメリット・デメリットを比較し、

テント選びの参考にしていただけますと幸いです。

(株)ステップワンは、イージーアップテントのスペシャリストです。

「運動会用にテント購入を検討している」「運動会の規模・開催場所に合うテントがわからない」

など、お困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください!

Posted in テント情報 Leave a comment

イベント用テントをおしゃれに!おすすめ装飾法まとめ【2024年最新版】

テントを装飾して、イベントで目立つようにしたい!

来場者の目を引いて、お客さんがたくさん来てほしい!

こんな方に向けて、テントをおしゃれに装飾する方法をお伝えします。

この記事は、千葉県船橋市のテント専門会社、(株)ステップワンが執筆しています。

テントの販売、装飾、修理、メンテナンス、パーツ販売など、テントに関するさまざまなことを承っております。

 

イベントでのテントに求められること

イベントでのテントに求められること

まずは、イベントでテントを使用する際に意識すべきことについて解説します。


①お店の情報を発信する

イベントには多数のテントが出店しているため、お店の情報をわかりやすく発信することが重要です。

看板やPOPなどが目立つよう工夫し、テントの前を通った方に「なんのお店か」「なにを売っているか」が瞬間的に伝わるように意識しましょう!


②立ち寄りやすいテントにする

イベント出店で最も大切なのは、お店・商品を認知してもらうことです。

ターゲットに合わせた装飾をほどこすなど、入りやすく話しかけやすい雰囲気作りを心がけましょう!


 

おしゃれなテントにする装飾方法とは?

おしゃれなテントにする装飾方法とは?

次に、テントをおしゃれに装飾するためのポイントをご紹介します。


①イメージを統一する

テント全体に統一感を持たせることで、ブランドイメージの確立につながります。


お店のイメージとテントの雰囲気にばらつきがあると、雑多な印象になりがちです。

ロゴや商品に合わせて、テントのカラーや装飾を決めていきましょう!


テント全体のイメージを統一するだけでも、見た目の印象がよくなり立ち寄りやすさへの効果が期待できます。


②シンプルな装飾にする

テントはあくまでも「店舗」ですのでシンプルな装飾になるよう心がけ、来場者の視点が商品やスタッフに集まるよう意識しましょう!

目立つようにと装飾をほどこしすぎると主役である商品・スタッフがぼやけてしまい、逆効果となる可能性があります。

シンプルな装飾にすることで動線も確保しやすなるため、お客さまが行き交う構造にしやすくなるのもメリットです。


③バックヤードを区切る

バックヤードと接客部分をしっかりと区切ることも大切です。

バックヤード部分は、段ボールや台車、テント部品、スタッフの私物などで雑然としがちです。それらが来場者から見えている状態では、物置のような散らかった印象になってしまいます。


バックパネル(テントの横幕)を取り付けるなど、バックヤード部分を隠すよう工夫しましょう!


④ブランドロゴや店名を掲げる

ロゴや店名を掲げることで、お客さまに覚えてもらいやすくなります。

お店の顔として重要な役割を果たしますので、テントのタレ面にプリントするなど、目立たせるようにしましょう!


過度なアピールはクドく見えてしまいますので、注意が必要です。

 

 

 

当社のイベントテントの装飾事例


①シンプルで汎用性◎
patagoniaさまテント
シックな黒色のテントに、白いロゴをプリントしたpatagoniaさまのテントです。

カラーのコントラストをはっきりとさせることで、瞬間的にロゴが目に飛び込んでくるようなデザインに仕上がっています。

シンプルなので、イベント内容や商品を選ばず、汎用的に使っていただけます。


②ブランドカラーを使用
BAY FMさまテント BAY FMさまテント
BAY FMさまの、ブランドカラーを生地に採用したテントです。

どこから見てもわかりやすくなるよう、天幕全体にプリント。しつこくならいよう、多様なサイズ・種類のロゴを使用しています。

ブランドイメージの定着にもってこいの装飾です。


③WEBサイトへの誘導
FIDRAさまテント
FIDRAさまのテントでは、タレ面にホームページのURLをプリントしました。

白くて明るいテントに大きなロゴがひとつのすっきりとした装飾にすることで、URLが程よく際立つよう意識しました。

WEBサイトへの誘導を期待できるテントです。

 

 

 

 

イベント用テントの装飾まとめ

イベント用テントの装飾まとめ

イベントでテントを使う際は、印象的で思わず入りたくなるようなお店作りが大切です。

ぜひ、ポイントを押さえた装飾を試してみてくださいね!


(株)ステップワンでは、テントのデザインからプリントまで一貫して承っております。

「イベント出店の予定がある」「おしゃれなテントブースを作りたい」という方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

Posted in テント情報 Leave a comment

PAGE
TOP