イージーアップテントのステップワン

BLOG

ブログ

未分類

自慢のミシンをご紹介いたします。


会社にはテントを縫ったりするための色々なミシンがありますが、これらはみんな工業用ミシンとか職業用ミシンと呼ばれるタイプのミシンです。
私が会社を始めて初めて購入したのがこの三菱ミシン・DY-337型です。中古で購入した時にはすでに使用感がかなりあってベテラン選手に見えました。
予算も無かったのでクラッチモーター式のミシンでした。クラッチモータ式というのはミシンを駆動するモーターが動きっぱなしで車のマニュアル車の様にクラッチで駆動をつなげる仕組みです。メリットは安価である事、デメリットは一針だけ縫いたくても何針も進んでしまうところです(慣れると大丈夫になります)。

工業用ミシンのすごいところは、ぶ厚い生地を一日中縫製してもまったくもってへっちゃらなのです。ただ、生地に合わせて針と糸と、各種の調整の繊細なセッティングが必要です。
初めはどこをどの様に調整すれば良いのか全く分からず、よくミシン屋さんのお世話になったり電話で尋ねたりしていましたが、だんだんに仕組みが判ってきて今では分解清掃や故障もすべて自分で直せるようになりました。紙一重のクリアランスでかみ合うところが沢山あってミシンはとっても奥が深いのです。


上の画像は上糸の糸調子を調整する部分ですが、とても繊細な部分です。糸も正確に通していかないとミシンは機嫌を損ねてしまいます。これから時々会社で使っているミシンを紹介していこうと思います。
生地・糸・ミシン・縫う人のすべてのバランスが整ってきれいな糸目が生まれるのです。

Posted in 未分類 Leave a comment

香川県と言えば讃岐うどん!

讃岐うどんの本場 香川県。もちろん食べに行ってまいりました。めちゃくちゃ美味しかったのでご紹介させて頂きます。
1件目は高松市の瓦町駅近くにある【麵処 綿谷(わたや) 高松店】さん。


なんと8:30から食べられます。一応14:00までですが、麺が無くなると終了です。
私は朝一番に行きましたが、次から次へとお客さまが入ってきます。注文したのは「牛肉ぶっかけの冷」です。美味しかった~!


2件目のお店をご紹介します。

高松市郊外にある【まつばら】さん。こちらのオススメはカレーうどんです。


甘口の牛肉カレーと、辛口のスパイシーチキンカレーうどん。私は辛いのが苦手なので牛肉カレーにしてしまいましたが、次回はスパイシーチキンカレーうどんを ぜったいに食べます!

他にも美味しいお店が沢山あるのですが、次回四国に行った時のお楽しみという事で。


Posted in 未分類 Leave a comment

同行二人 お遍路始めました。


「お遍路さん」という言葉は聞いたことがあると思いますが、今回の四国訪問の一番の目的はお遍路を始める事です。寝台列車で四国入りした訳ですが、数日先に四国入りしていた妻と合流してお遍路のスタートです。お遍路とは四国の弘法大師空海の霊場八十八箇所を巡り歩くことをいいます。
一番札所霊山寺から順番にまわって、最後の大窪寺が八十八札所になっています。

とは言え、今回がホントのスタート地点。 正直何も分かりません…
インターネットで何となくしか調べてないずぶの素人なのです。まず向かったのは徳島県の一番札所である霊山寺(りょうぜんじ)さんです。
地元の人には「いちばんさん」と親しまれているお寺です。天気も良くとてもにぎわっていました。まずはお遍路の準備からなのですが、この霊山寺さんは総合案内所がありお遍路で必要な物は全てここで揃います。案内書の前にお遍路用品フル装備のマネキン人形立ってるのですが、すごく昭和感アリアリで必見なのです。

総合案内所では売店のおじさんがとても親切にいろいろと教えてくれます。
初心者向けに話してくださり、押し売りもしませんしホントに助かりました。
案内書は納経所が併設していて納経帳に納経(御朱印)してもらえます。


これから何年も掛ると思いますが、途中で諦めることなく最後まで巡礼出来ますようにと思いながら出発点にふさわしい風格のある仁王門をくぐって行きます。ぎこちないですが作法に則ってお参りしてきました。


ブログのタイトルにある 同行二人(どうぎょうににん) とは
遍路修行をしているとき、常にお大師さま(弘法大師)と共にいるということです。
四国遍路の場合は、その象徴として、金剛杖がお大師さまそのものとされています。
遍路修行者は複数人であっても、個人とお大師さまの同行二人であります。



Posted in 未分類 Leave a comment

PAGE
TOP