イージーアップテントのステップワン

BLOG

ブログ

未分類

ウォーキング

8月最後の週末は 皇居・丸の内周辺にウォーキングに出かけました。早朝からランニングしている人が多く、また本格的なロードでサイクリングしている人もたくさんいました。


 


 


ウオーキングは身体に良くて気持ちいいのですが、終わった後ついつい食べ過ぎてしまいます。。。

Posted in 未分類 Leave a comment

パタゴニア様テント

先日、東京・丸の内に出かけたところ、偶然にも以前製作したテントに出会いました。


このテントでは、オーガニックの食材や環境に配慮したキッチンツール等を販売していました。魅力的な商品ばかりで私も購入しました。丸の内ブリックスクエア前の広場で8月26日・27日の期間限定出店とのことでした。


テントを大切に使っていただきありがとうございます!

Posted in 未分類 Leave a comment

テントの修理について

ステップワンではイージーアップテントの修理及びパーツの販売を承っています。パーツは脚やトラス、ネジ1本に至るまで在庫しています。簡単な修理であればご自身でも可能です。ただ古いテントの場合パーツ在庫が無い場合もございます。その場合は残念ながら「廃盤のためパーツの在庫がございません」とお伝えする事もございますが、なるべく使用可能な互換パーツをご案内しています。修理お問い合わせの際は下記画像の様なシールに記載の「フレーム品番」をお知らせください。


このシールはコーナー脚から出るトラス(骨組み)に貼ってあります。フレームに1枚しか貼ってないので探してみてください。(DXA/DX60テントには2枚貼ってあります。)もし見つからなくてもご安心ください。お電話頂ければベテランスタッフがテントの特徴をお聞きししてお持ちのテントを判断致します。



また、テントの破損が激しくてご自身で修理することが難しく思う時でも諦める前に一度ご相談ください。ほとんどのテントはきちんと修理してお戻ししています。パーツの他に修理工賃と送料が掛かりますが、細部まで確認して修理しております。修理依頼のテントを弊社に直接持ち込む会社様も多くおりますので事前にご連絡の上ご相談ください。

もちろん天幕の修理も承っておりますので、安心して弊社取り扱い商品をお選び頂ければ幸いです。

Posted in 未分類 Leave a comment

香川県と言えば讃岐うどん!

讃岐うどんの本場 香川県。もちろん食べに行ってまいりました。めちゃくちゃ美味しかったのでご紹介させて頂きます。
1件目は高松市の瓦町駅近くにある【麵処 綿谷(わたや) 高松店】さん。


なんと8:30から食べられます。一応14:00までですが、麺が無くなると終了です。
私は朝一番に行きましたが、次から次へとお客さまが入ってきます。注文したのは「牛肉ぶっかけの冷」です。美味しかった~!


2件目のお店をご紹介します。

高松市郊外にある【まつばら】さん。こちらのオススメはカレーうどんです。


甘口の牛肉カレーと、辛口のスパイシーチキンカレーうどん。私は辛いのが苦手なので牛肉カレーにしてしまいましたが、次回はスパイシーチキンカレーうどんを ぜったいに食べます!

他にも美味しいお店が沢山あるのですが、次回四国に行った時のお楽しみという事で。


Posted in 未分類 Leave a comment

同行二人 お遍路始めました。


「お遍路さん」という言葉は聞いたことがあると思いますが、今回の四国訪問の一番の目的はお遍路を始める事です。寝台列車で四国入りした訳ですが、数日先に四国入りしていた妻と合流してお遍路のスタートです。お遍路とは四国の弘法大師空海の霊場八十八箇所を巡り歩くことをいいます。
一番札所霊山寺から順番にまわって、最後の大窪寺が八十八札所になっています。

とは言え、今回がホントのスタート地点。 正直何も分かりません…
インターネットで何となくしか調べてないずぶの素人なのです。まず向かったのは徳島県の一番札所である霊山寺(りょうぜんじ)さんです。
地元の人には「いちばんさん」と親しまれているお寺です。天気も良くとてもにぎわっていました。まずはお遍路の準備からなのですが、この霊山寺さんは総合案内所がありお遍路で必要な物は全てここで揃います。案内書の前にお遍路用品フル装備のマネキン人形立ってるのですが、すごく昭和感アリアリで必見なのです。

総合案内所では売店のおじさんがとても親切にいろいろと教えてくれます。
初心者向けに話してくださり、押し売りもしませんしホントに助かりました。
案内書は納経所が併設していて納経帳に納経(御朱印)してもらえます。


これから何年も掛ると思いますが、途中で諦めることなく最後まで巡礼出来ますようにと思いながら出発点にふさわしい風格のある仁王門をくぐって行きます。ぎこちないですが作法に則ってお参りしてきました。


ブログのタイトルにある 同行二人(どうぎょうににん) とは
遍路修行をしているとき、常にお大師さま(弘法大師)と共にいるということです。
四国遍路の場合は、その象徴として、金剛杖がお大師さまそのものとされています。
遍路修行者は複数人であっても、個人とお大師さまの同行二人であります。



Posted in 未分類 Leave a comment

PAGE
TOP